歯科医は富裕層か?急増倒産と自殺

現在の歯科医院の経営状態が最近様々なメディアより注目されています.
「うわさの東京マガジン」で放映された内容をリンクします.

動画1

動画2

動画3

動画4(前半1/3はCMですので飛ばして下さい)

動画5



人気blogランキングへ投票お願いします!

象の背中 旅立つ日 雲の上のお父さん

象の背中と言う映画のアニメバージョンです.
子を持つ父親としては2人の子象が自分の子供に完全にダブってしまい,歌詞と映像で泣けてしまいます.

歯科医師として旅立つその日に後悔したくないと改めて思わせてくれる作品でした

旅立つ日


雲の上のお父さん

人気blogランキングへ投票お願いします!

歯科医院の経済事情

歯科医院の格差が広がっているようです.

以下ライブドアニュースからの引用です.
http://news.livedoor.com/article/image_detail/3241099/?img_id=220761


引用ココから-------------------------------------------


歯医者もワーキングプア? 「月給25万」から「夜逃げ」まで

今やコンビニより歯医者を見つけるほうが簡単だ
歯医者は儲かる――そんなイメージはもう捨てた方がいいのかもしれない。歯科医の「100人中5人は所得ゼロ」、5人に1人は月間所得25万円でワーキングプア寸前、という分析もある。さらには、「夜逃げ」した歯医者もいるというから驚きだ。「格差社会」が、一般的に高所得が望めるとされてきた歯科医の世界にも到来した。

コンビニよりも歯医者のほうが多い

背景には歯科診療所の過剰がある。厚生労働省によれば、医療診療所の数は6万7,441件(2006年調べ)。全国に4万店舗あるといわれるコンビニエンスストアの数をはるかに上回っている。さらに、人口10万人あたりの歯科医師数は全国平均72.6人(04年調べ)で、東京都にいたっては119.9人に上る。1975年に37.5人、98年に67.7人、今はそれからさらに増加し続けている。10万人あたりのコンビニ店舗数が33店舗前後(02年経産省、04年帝国書院調べ)であることを考えれば、その「多過ぎさ」が分かる。もはや、「コンビニよりも歯医者が多い」とは歯科医師からすれば「常識」だ。

こうした過剰な歯科医師の数が、歯科医師に「格差」をもたらし始めている。

厚労省が公表している「医療経済実態調査」(中央社会保険医療協議会調べ)によると、05年6月時点での個人歯科診療所の差額収支(医業収入から費用を引いた実質的な収入)は月当たり約135万円。個人歯科診療所の歯科医師数は平均1.2人。単純計算で月給100万円ほどになるが、これに歯科衛生士・事務職員などを加えれば、個人歯科診療所の構成員は4.2人が全国平均。歯科医の収入は100万から大きく遠のく。

さらに、経済誌「月刊東洋経済」(07年4月28日・5月5日合併)は、この「医療経済実態調査」に『歯科医療白書』(03年、日本歯科医師会)の分析を加え、「5人に1人の月間所得は25万円程度」「100人中5人は所得ゼロ」であることを明らかにしている。つまり、20人に一人は「ワーキングプア」、5人に1人はそれに近い状態というわけだ。

98年には厚労省の「歯科医師の需給に関する検討会報告書」で歯科医師の「供給過剰」について議論されたこともあったが、「未熟な開業医が多く排出される」という懸念に基づくもので、歯科医師の収入の「格差」についてはクローズアップされることはなかった。J-CASTニュースは厚労省に「収入の格差」について問い合わせたが、「それ(格差)についての特別な調査を行っていないため、(実態は)分からない」との返答が返ってきた。

他のことができないから、転職ができない

激戦区東京都、なかでも歯科診療所が500近くある大田区の歯科医師・藤澤宗徳さんは、「患者が減少していない」珍しいケースだ。しかし、歯科医師界も「今はシビアになっている」と語る。

「先生によって違うでしょうが、今は厳しいでしょうね。厳しいと、日曜も開業したり、11時までやるところもある。これだと、生活がメチャクチャになりますよね。1日何百人の患者さんが来る先生もいますが、1日10人以下しか来ないところもある。歯医者は他のことができないから、転職することができないんですよ。(診療所を)閉めちゃって夜逃げしてしまったという、『悲惨な話』もありました」
私大の歯学部を卒業するのには6年間で3,000万円以上の学費が必要とされる。しかも、歯科医師は開業するほかに歯科医師として食べていく道は限られている。さらに、開業にはテナントも必要で、相当な資金がかかる。莫大な投資をした末、「夜逃げ」となれば、結構「悲惨な話」だ。

-------------------------------------------引用ココまで



人気blogランキングへ投票お願いします!

土佐礼子選手(女子マラソン)の矯正歯科治療

 先月の19日に行われた東京国際女子マラソンで,土佐礼子選手が高橋尚子選手を振り切って優勝しましたね!

この時,土佐礼子選手のお口の中には矯正装置が装着されていました.
テレビの中継を見て,気がつかれた方も多いのではないかと思います.

そこで,スポーツと歯並びの関係について考えてみましょう.

私たちの医院にも,スポーツをしていて潜在能力を充分に発揮するために矯正歯科治療を希望する方は毎年何人かいらっしゃいます(全体の1〜2%).

この様な患者さんに,スポーツに対する矯正治療の効果を
「素早い動きをするスポーツ(球技など)では奥歯を噛みしめて運動していないので,矯正治療の効果は少ないと思います.しかし,重いものを動かしたりするスポーツ(重量挙げなど)では奥歯を噛みしめるので効果があるかもしれません」と説明しています.

なぜ,この様に説明しているのか解説します.

筋肉の動きには「等張性(とうちょうせい)の運動」と「等尺性(とうしゃくせい)の運動」があります.

等張性の運動とは肘や膝を曲げたり伸ばしたりする筋肉の動きです.

この様な運動を行なう際は,筋肉が緊張するとスムーズに収縮しなくなるため動きが悪くなります.したがって,噛みしめていると筋肉の動きが悪くなるため噛み合せの効果は低くなるようです.そこで「素早い動きをするスポーツ(球技など)では奥歯を噛みしめて運動していないので,矯正治療の効果は少ないと思います」と説明しています.

一方,等尺性の運動とは,筋肉の長さが変わらないけれど筋肉に大きな負荷がかかっている状態です.
たとえば,AさんとBさんが腕相撲をしていました.お互いの力は互角で.組みあった腕は動きません.この様に,筋肉が伸びたり縮んだりしていないのに筋肉に負荷がかかっている状態が等尺性の運動です.

この様な等尺性の運動の場合,噛みしめる事でより強い力を発揮できるという研究結果がいくつか
報告されていますので,「重いものを動かしたりするスポーツ(重量挙げなど)では効果があるかもしれません」と説明しています.


しかし,スポーツに対する効果は筋肉に与える影響だけではありません.

噛み合せが良いと物を噛むための筋肉(咀嚼筋)にかかる負荷が減るため,顎関節症を予防したり,肩凝りや腰痛を予防する効果があります.
このため,全身の健康状態が良好となり,良いコンディションで試合に臨める機会は増えると予想できます.

以上の点から総合的に矯正歯科治療はスポーツに対して良い影響を与えていると考えています.
土佐礼子選手もこの様な効果を期待して矯正歯科治療を始めたのではないかと考えています.


しかし,矯正治療開始前の土佐礼子選手の顔貌を見ますと,スマイル時にガミースマイルという歯茎が見え過ぎる状態になっています.

また,かなりの叢生歯列(八重歯・乱ぐい歯)で審美的なコンプレックスも少なからずあったのではないかと推測します

もしかすると,土佐礼子選手は大会に向けたコンディションが良く,優勝を予感していたのかもしれません.
すると矯正歯科治療を始めたきっかけはマラソンの成績向上を目的としてだけではなく,優勝インタビューを想定して「口元の審美的な改善」を目標として矯正治療を行なったのかもしれませんね.

あくまでも勝手な想像です.

土佐礼子選手,優勝おめでとうございます
北京オリンピックもがんばって下さいね!


人気blogランキングへ投票お願いします!

楽しくなる歯医者さん



子供の歯科治療は,最初に
「歯医者さんは怖くないよ!」と納得してもらうのが大切です.

大人だって,どんな器具を使ってお口の中を見られるか分からないので不安ですよね.

子供の場合は,特に不安が恐怖になり「歯医者さん嫌い!」につながってしまいます.

まず,始めにどんな道具を使うのか説明したり,実際にさわってもらって安心してもらうのが良い方法です.
この子は,唾液を吸う「バキューム」がとってもお気に入りのようです.

たぶんこれだけ楽しんでくれれば,歯医者さん嫌いにはならないでしょう!

人気blogランキングへ投票お願いします!

子供の抜歯



かなり原始的な抜歯方法ですねヾ(;´▽`A``

たぶんグラグラだったので子供も笑いながら歯を抜く事ができたのでしょう.
大人の歯は,こんなに簡単に抜けません!

人気blogランキングへ投票お願いします!

大学附属病院の歯科医師が治療費を着服

歯科医師が1500万円着服 県立医大

 県立医科大学付属病院は14日、歯科口腔(こうくう)外科の田島卓也歯科医師(39)が患者34人から治療費1500万円余りを病院の会計ではなく、田島医師の指定した銀行口座に振り込ませ、着服していたと発表した。同大は14日付で田島医師を懲戒解雇にし、告訴も検討している。


 板倉徹・同大付属病院長らが会見し陳謝した。監督責任として、所属長である歯科口腔外科の藤田茂之教授を減給10分の1(1カ月)、板倉病院長と大西克尚前病院長を厳重注意とする処分を発表した。

 同病院によると、10月17日、田島医師が治療をした患者の知人から「田島医師が患者に治療費を指定した口座に振り込ませている」という問い合わせがあり、翌日、本人から事情を聴いたところ事実を認めたため発覚した。

 田島医師は2003年4月、同病院に採用。06年10月までの間、自費診療となる歯の全体をかぶせ物で覆って修復する「クラウン治療」とあごの骨に人工の歯根を植え込んで歯をかぶせる「インプラント治療」を行った患者に対し、指定する口座に総額1526万6705円を振り込ませたという。

 また、田島医師が病院で使用を認めていない材料を外部から調達し、治療に使っていたことも発覚。危険性について同病院は「民間では使われている。治療行為自体が間違ったものではない」と説明。田島医師は「付属病院では採用していない材料を使いたかった」と話しているという。

 田島医師は11月13日、「材料費を差し引いた部分」として958万円を返還したが、大学は背任や横領、詐欺罪を視野に告訴準備を進めている。また近く、対象の患者に対し謝罪するという。

紀伊民報より引用



〜コメント〜

 ビックリしたの一言ですね.
 こんなことをする人がいるんですね.

 大学附属病院で診療をする場合,治療費の会計は受付で一括し行ないます.ですから,勤務医がお金を受け取ると言う事はありません.しかし,私が大学附属病院に勤務していた頃,患者さんが間違えて診療室で私に直接治療費を支払おうとしました.

 この時ふと「このまま治療費をもらったら,凄い収入になってしまうな」と思ったものの,ホントにやる人がいるとは思いませんでした.

 しかも,着服した額が1500万円とは凄いですね.
 インプラントは1本当たり40万円前後だと思いますので40本近く入れたのでしょうか?

 以前,ある大学の教授が大学に来院される患者さんを自分のプライベートオフィスに紹介する形で,患者さんの横流しを行なっていました.その事が発覚して教授は退職の憂き目に遭いましたが,それよりも悪質な事件ですね.

 この様な事件により,国民の医療に対する不信感が強くなる事が残念です.

人気blogランキングへ投票お願いします!

アメリカの歯科医院

アメリカの歯科医院

 アメリカでは,歯科の専門性が発達しており,各分野において専門の歯科医師が治療を行ないます.

 例えば、虫歯や歯周病で普段かかっている歯科医院があるとします。そこでレントゲン写真を見て先生が神経の辺りが黒く写ってあやしい個所があると診断すると、近くの神経専門の歯科医を紹介してくれます。これは,神経の治療は専門の機械や技術が必要だからです.

 日本の場合は,例え紹介しても簡単な紹介状だけとなる場合が多いのですが,アメリカでは専門性が成熟してるのでその様な事はありません.
 一般的な歯科医院から、紹介先の専門医にそれまでのレントゲン写真やカルテなどすべての資料を送り、治療の経緯なども報告してくれるのです。専門医に行く利点は、それぞれの専門知識と経験が豊富なことはもちろん、分野ごとの特殊な機器を備えているので、追加の検査も緻密です。


 専門医は神経のほかに、歯周病や口腔外科、歯科矯正、小児科など九つの部門に分かれています.

 子供のころからの歯に対するケアもかなり異なります。乳歯は永久歯の場所を確保する大事な役割があるので、アメリカでは生後六カ月から十二カ月までに小児科専門の先生に初診してもらいます。

 子供は三カ月に一度は歯のクリーニングに行きますし、七、八歳までは親が歯磨きを手伝い、きちんと歯ブラシとフロスができているかどうかをチェックします。さらに、子供たちが日常的に持ち歩いて飲んでいるペットボトルの水は、単なるミネラルウオーターではなく、フッ素入りなのです.

 日本ではそこまで診てくれる歯科医はまだまだ少ないですし、分野ごとに他の歯科医を紹介する事もあまりありません.どちらかと言うと,どんな治療でも一人の先生が行なうと言う方が一般的です.

 結果的に,アメリカなどの歯科先進国と日本の歯科に大きな差ができてくるでしょう.

人気blogランキングへ投票お願いします!

歯科技工士が歯の治療をして逮捕

歯科技工士が歯の治療をして逮捕されました.

埼玉新聞より引用
〜ここから〜

 歯科医の免許がないのに歯の治療をした疑いがあるとして、県警生活環境二課と浦和署は二十六日、歯科医師法違反(無許可医業)の容疑で、さいたま市南区鹿手袋四丁目、整体センターなどを運営する有限会社「エイ・ジェイ・エス」(AJS)や同社傘下の歯科医院など十数カ所を家宅捜索した。

 調べによると、同社の代表取締役の男性(62)は、歯科技工士の資格しかないのに、二〇〇四年ごろ、患者数人の歯を削るなどの治療行為をした疑いがもたれている。

 治療は大半が保険適用外で、患者は治療費として百〜二百万円を支払っていたという。

 男性は歯のかみ合わせを矯正することで腰痛や肩こりなどを治す治療法を唱え、十冊近くの著書を出版。

 同社は男性によって一九九一年に設立され、歯科医院へのかみ合わせ矯正治療の指導や研修を行っている。

 県警は、治療法の一環で、診療行為をした疑いがあるとして男性から任意で事情を聴いている。

 県警の捜査員は二十六日午前九時ごろ、歯科医師法違反容疑で、さいたま市南区の「エイ・ジェイ・エス」社の歯科医院兼整体センターに入った。

 午前十一時五十分から午後二時五十五分にかけて、三回に分けて計約五十箱分の段ボール箱やパソコンなどをワゴン車に運び出した。段ボール箱には、カルテや歯の模型などが入っていたとみられる。

 この日、歯科医院は休診日で患者が訪れることはなく、ひっそりとしていた。同社代表取締役の男性の妻は家宅捜索終了後、「今は何もお答えすることはできません」と話した。

 エイ・ジェイ・エス社の治療をめぐっては、同社の歯科医院で治療を受けた男性患者(48)=さいたま市=が二〇〇五年一月、同社の代表取締役男性らを相手取り、約三百万円の損害賠償を求める民事訴訟を東京地裁に起こしているほか、この男性患者からの訴えを受けて、さいたま市保健所が〇四年九月、同社を立ち入り検査している。この際、代表取締役男性は「私は歯を削ってない」と否認したという。

 民事訴訟の原告の男性によると、〇四年五月、男性はさいたま市南区の同社の歯科医院で計四回の治療を受けた。

この際、代表取締役男性から「かみ合わせが悪い。このままでは今後体に障害が出る」と言われ、治療済みの正常な歯を削られた。歯は大きな穴が空いた状態で治療が済んだとされ、男性は食べ物をそしゃくすることができなくなったという。
 男性は「歯科医師ではないとはうすうす分かっていたが、『私の理論はノーベル賞に値する』という代表取締役男性の話を信じて治療を受けてしまった」と話している。

〜ここまで〜


【コメント】

 この方の著作を調べてみると,「歯の噛み合せがすべての原因だった」などといった,噛み合せを治しただけでどんな病気も治るといった内容のものばかりです.この様に,ある治療法だけで何でも治ると謳う人に名医はいません(この人は医師でもありませんが・・・).何か1つの治療法で何でも治せるなどという考えは,傲り以外の何者でもありません.病気で不安が一杯の患者さんは,耳障りの良い言葉には引きつけられやすいと思いますが,耳障りの良い言葉には裏があります.医者選びも自己責任の時代です.気をつけましょう.

 それはともかく,この技工士は歯科医院で歯を削っていたのです.歯を削らせる歯科医師の問題が大きい気がします.歯科医師は,患者さんの症状から治療法を判断し,技工士に治療に必要な義歯や補綴物を依頼する責任があります.経験を積んだ技工士と歯科医師が対等の立場になって,患者さんのために相談する事はすばらしい事ですが,治療を委託してはならないのです.この歯科医師は,治療の責任を放棄したという事になります.同じ歯科医師として嘆かわしい事です.



人気blogランキングへ投票お願いします!

虫歯の定義があいまい

読売新聞医療ルネッサンスで以下のような記事が掲載されました

ーー引用ーーーーーーーー 

5年前、妊婦向けの集団歯科検診を受け、「虫歯5本」と指摘された。

 1か月後、実家近くの歯科を受診すると今度は「1本」と言われ、その治療だけで済ませた。先生によって虫歯の本数が違うのは、なぜですか。(埼玉県朝霞市 主婦 長坂亜希子さん 30)



 東京医科歯科大教授で歯科総合診療部長の俣木志朗さんは「初期虫歯は見た目では判別が難しく、虫歯の定義にもあいまいな点がある」と言う。

 虫歯は、表面のエナメル質の軟化から始まる。白濁や茶、黒などの着色があっても、単に汚れの場合もある。唾液(だえき)や歯垢(しこう)があると見えにくく、奥歯の溝に沿って細く深く進んだ虫歯は見逃しやすい。学校検診など照明が不十分だと、なおさら診断の水準は下がる。

 そこで、鋭利な探針(たんしん)を用いて歯の硬さを確かめる「触診」が行われる。しかし、感触からの判断は、歯科医の経験に左右されるため、個人差が出ると言われる。また、探針は強く押すと、歯を傷つける危険が指摘される。このため日本学校歯科医会は2003年から、学校検診では視診を主とするよう指導、一般に使われていない。

 適切な歯磨きなどで経過を見る要観察歯(CO(シーオー))と、場合によっては治療が必要な初期虫歯(C1)の鑑別に「明確な線引きがない」(俣木さん)という問題もある。

 こうした中で、「レーザー診断」を導入する歯科医もいる。健康な歯質と虫歯菌により軟化した歯質のレーザー光線への反応の違いを数値化し診断の参考にする機器だ。利用する愛知学院大教授の千田彰さんは「歯垢や着色などの諸条件に左右されるので、これで診断するのではなく、一つの目安」と説明する。

 視診、触診、レーザー検査に加えて、エックス線写真も使われる虫歯診断。ほかにも重要な要素がある。虫歯菌や歯を修復してくれる唾液の性質や量、歯磨きや食事の習慣など、口内の状態には個人差が大きい。俣木さんは「総合的に危険度を見極めなければなりません」と語る。

 質問の長坂さんの場合、集団検診では着色など虫歯の疑いのある5本が「虫歯」とされ、実家近くの歯科では、治療が必要な1本だけが指摘された可能性が高そうだ。東京医科歯科大教授で虫歯学が専門の田上順次さんは「集団検診は歯に注意を促すための参考です。診療所を受診する際は、削る必要があるのか、適切な予防管理で修復可能なのか、よく聞いてみて下さい」とアドバイスしている。

 初期虫歯と再石灰化(さいせっかいか) 口内の細菌が、食べカスを取り入れて出す酸で、歯の表層が軟化し始める状態が虫歯の始まり。この段階なら、唾液の働きでカルシウムとリンが付着して歯を修復する「再石灰化」で、歯が元に戻る可能性がある。

(2006年1月24日 読売新聞)

ーー引用ここまでーーーーー

〜コメント〜

学校の歯科検診では,半日で200〜300名のお子さんのお口の中を拝見し,虫歯や歯肉円などのお口の中の異常を発見しなければなりません.

また,お口の中を拝見する環境もライトの明かりが充分でなかったりするため,奥歯の状態を完全に把握する事は困難です.

ですから,重度に進行した虫歯は,明らかに虫歯ですと報告することができます.一方で,虫歯と疑わしき着色などは,治療の必要な虫歯かどうか充分に確認出来ません.そこで,疑わしき歯も全て虫歯として報告し,歯科医院への受診を促します.

ですから,患者さんには検診で虫歯と言われたけれど,実際に歯医者さんで充分な検査を行なうと,むし歯治療の必要がないと判断される事もあるのです.

それでも,検診で虫歯と判断された場合は,少なくとも一度は歯科医院を受診し歯科医師や衛生士からのお話を聞く事をおすすめします.




人気blogランキングへ投票お願いします!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。