大学附属病院の歯科医師が治療費を着服

歯科医師が1500万円着服 県立医大

 県立医科大学付属病院は14日、歯科口腔(こうくう)外科の田島卓也歯科医師(39)が患者34人から治療費1500万円余りを病院の会計ではなく、田島医師の指定した銀行口座に振り込ませ、着服していたと発表した。同大は14日付で田島医師を懲戒解雇にし、告訴も検討している。


 板倉徹・同大付属病院長らが会見し陳謝した。監督責任として、所属長である歯科口腔外科の藤田茂之教授を減給10分の1(1カ月)、板倉病院長と大西克尚前病院長を厳重注意とする処分を発表した。

 同病院によると、10月17日、田島医師が治療をした患者の知人から「田島医師が患者に治療費を指定した口座に振り込ませている」という問い合わせがあり、翌日、本人から事情を聴いたところ事実を認めたため発覚した。

 田島医師は2003年4月、同病院に採用。06年10月までの間、自費診療となる歯の全体をかぶせ物で覆って修復する「クラウン治療」とあごの骨に人工の歯根を植え込んで歯をかぶせる「インプラント治療」を行った患者に対し、指定する口座に総額1526万6705円を振り込ませたという。

 また、田島医師が病院で使用を認めていない材料を外部から調達し、治療に使っていたことも発覚。危険性について同病院は「民間では使われている。治療行為自体が間違ったものではない」と説明。田島医師は「付属病院では採用していない材料を使いたかった」と話しているという。

 田島医師は11月13日、「材料費を差し引いた部分」として958万円を返還したが、大学は背任や横領、詐欺罪を視野に告訴準備を進めている。また近く、対象の患者に対し謝罪するという。

紀伊民報より引用



〜コメント〜

 ビックリしたの一言ですね.
 こんなことをする人がいるんですね.

 大学附属病院で診療をする場合,治療費の会計は受付で一括し行ないます.ですから,勤務医がお金を受け取ると言う事はありません.しかし,私が大学附属病院に勤務していた頃,患者さんが間違えて診療室で私に直接治療費を支払おうとしました.

 この時ふと「このまま治療費をもらったら,凄い収入になってしまうな」と思ったものの,ホントにやる人がいるとは思いませんでした.

 しかも,着服した額が1500万円とは凄いですね.
 インプラントは1本当たり40万円前後だと思いますので40本近く入れたのでしょうか?

 以前,ある大学の教授が大学に来院される患者さんを自分のプライベートオフィスに紹介する形で,患者さんの横流しを行なっていました.その事が発覚して教授は退職の憂き目に遭いましたが,それよりも悪質な事件ですね.

 この様な事件により,国民の医療に対する不信感が強くなる事が残念です.



人気blogランキングへ投票お願いします!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。