アメリカの歯科医院

アメリカの歯科医院

 アメリカでは,歯科の専門性が発達しており,各分野において専門の歯科医師が治療を行ないます.

 例えば、虫歯や歯周病で普段かかっている歯科医院があるとします。そこでレントゲン写真を見て先生が神経の辺りが黒く写ってあやしい個所があると診断すると、近くの神経専門の歯科医を紹介してくれます。これは,神経の治療は専門の機械や技術が必要だからです.

 日本の場合は,例え紹介しても簡単な紹介状だけとなる場合が多いのですが,アメリカでは専門性が成熟してるのでその様な事はありません.
 一般的な歯科医院から、紹介先の専門医にそれまでのレントゲン写真やカルテなどすべての資料を送り、治療の経緯なども報告してくれるのです。専門医に行く利点は、それぞれの専門知識と経験が豊富なことはもちろん、分野ごとの特殊な機器を備えているので、追加の検査も緻密です。


 専門医は神経のほかに、歯周病や口腔外科、歯科矯正、小児科など九つの部門に分かれています.

 子供のころからの歯に対するケアもかなり異なります。乳歯は永久歯の場所を確保する大事な役割があるので、アメリカでは生後六カ月から十二カ月までに小児科専門の先生に初診してもらいます。

 子供は三カ月に一度は歯のクリーニングに行きますし、七、八歳までは親が歯磨きを手伝い、きちんと歯ブラシとフロスができているかどうかをチェックします。さらに、子供たちが日常的に持ち歩いて飲んでいるペットボトルの水は、単なるミネラルウオーターではなく、フッ素入りなのです.

 日本ではそこまで診てくれる歯科医はまだまだ少ないですし、分野ごとに他の歯科医を紹介する事もあまりありません.どちらかと言うと,どんな治療でも一人の先生が行なうと言う方が一般的です.

 結果的に,アメリカなどの歯科先進国と日本の歯科に大きな差ができてくるでしょう.



人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医医院の選び方 その12 矯正歯科治療後のフォローはきちんとしているか?

本当の良い矯正歯科治療とは,治療が終わり装置を外して数年経ってからでないとわかりません.

ですから,矯正歯科治療後のフォローがきちんとしているしか医院かどうかで,その矯正歯科医院が安心出来るかどうか判断出来るでしょう.

たとえば,矯正歯科医が大学からのアルバイト矯正歯科医だとします.
大学からのアルバイトは,大学からの給料が少ないためと開業までの繋ぎで行ないます.

あなたの矯正歯科治療後の数年間もアルバイト矯正歯科医が通い続けてくれれば良いのですが,多くの担当医速めてしまう事でしょう.

ひどい歯科医院では,アルバイト矯正歯科医がやめた途端に,引き継ぎの矯正歯科医を探す事なく矯正歯科を診療科もくから外してしまうところもあるくらいです.

こうなると,矯正歯科治療後に何か問題が生じても対応出来ません.

ですから,矯正歯科治療後のフォローも含めた矯正歯科医院選びが必要なのです.



人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その11 通い易い場所にあるか

矯正歯科医院は,長期に通う歯科治療です.

しかも,一度始めてしまうと,きちんとした歯並びを完成させるまで中止する事は出来ません.

ですから,矯正歯科治療を始める歯科医院が通い易い環境にある事が大切です.

では,どの様な矯正歯科医院が通い易いのでしょうか?

交通の便が良い所
診療時間が長い(夜遅くまで診療していたり,日曜日も診療している)

などがあげられます.

逆に,通いにくい矯正歯科医院として上記の逆位外に考えられる点は

呑み屋街にある
(診療で帰りが遅くなる時に酔っ払いにからまれる)
消費者金融と同じビル
(消費者金融にお金を借りにくる人の中には問題のある人もたまにいます)

などがあげられるでしょう



人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来矯正歯科医院の選び方 その10 治療開始前に治療費(総額)がわかる

矯正歯科治療は,保険の効かない自由診療というタイプの診療です.

ですから,医院によってその治療費(総額,各治療の値段)は全て異なると言っても過言ではありません.

また,治療費が総額制なのか,治療の度に治療費が加算される変動制なのかも医院によって異なります.

ですから,治療開始時に治療費の総額を出来るだけ正確に提示してもらう事が良いでしょう.

変動制の場合は,治療費の総額に幅が出てきます.
その様な場合は,いくらからいくらくらいまでの変化になるかという事を確認しておくべきです.

また,治療とともに行なう抜歯や虫歯の予防措置は別料金なのか含まれているのかも確認するべきでしょう



人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その9 治療計画は書面で

虫歯や歯周病の治療では,これから行なう治療についてあまり詳しく説明されないと思います.
ましてや,これから行なう治療についての説明が書かれた書面を渡される事もないと思います.

これは,一般的な歯科治療は治療開始から完了まで1週間から1〜2か月で完了する短い期間のものだからです.

矯正歯科治療は,一般的な歯科治療に比べ,非常に長い期間のかかる治療です.

ですから,一般的な歯科治療同様に治療計画をきちんと説明されずに矯正歯科治療を開始する事は大きなトラブルの原因となります.

矯正歯科治療を始める際は,治療計画や計画に基づく治療期間について書かれた書面を提出してもらいましょう.



人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び その8 カウンセリングがしっかりしているか?

矯正歯科治療は,長期に渡る治療です.
また,治療中の変化も,急激な変化や小さな変化など様々です.

これらの変化が起きることをきちんと説明するために,矯正歯科ではきちんとしたカウンセリングが必要です.

カウンセリングとは,患者さんが歯科医師と色々な話をする事です.

わかりやすいカウンセリングを受けるためには,コンピューターや印刷した写真を見せてもらったり,お口の中の石膏模型をみせてもらう必要があります

患者さんが安心して矯正歯科治療を進めるためには,カウンセリングのしっかりした矯正歯科医院で治療を始める方が良いでしょう.





人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その6 歯科衛生士が勤務しているか?

歯科診療行為として,患者さんのお口にさわる事が出来るのは,歯科医師と歯科衛生士だけです.

歯科衛生士は,専門の学校(現在では大学)で講義と実習を2年(現在では3年)受け,卒業し,さらに国家試験に合格した人です.

現在,歯科衛生士の人数は,歯科医院の数とほぼ同数です.
つまり,歯科医院1医院につき1人歯科衛生士を確保出来ない状態です.

ですから,歯科衛生士が勤務していない歯科医院では,歯科医師が全ての患者さんの治療を行なうのです.

時々,歯科助手(特に資格を持っていないスタッフ)が,矯正装置を装着したりする医院があるようです.

この様な行為は,歯科医師,もしくは歯科衛生士が行なわなくてはならない行為です.
ご注意下さい


人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その7 むし歯と歯周病の予防していますか?

矯正歯科では長期に渡り,矯正装置を歯の表面に接着した状態にしておかなければなりません.

すると,歯ブラシが届かない所が出来てしまい,歯は磨きにくい状態になります.

歯が磨きにくい状態で,長期間経過するとむし歯が出来てしまったり,歯周病になってしまう事が多くなります.

ですから,矯正歯科医院でむし歯や歯周病の予防をしっかり行なわないとどんどんむし歯や歯周病を作ってしまいます.

すると,せっかく自分の歯を大切にしたくて矯正歯科治療を行なっているのに,自分の歯の寿命が短くなってしまいます.

矯正歯科医院を選ぶ際,むし歯や歯周病の予防管理がきちんと出来るかどうかの確認が必要です.


人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その5 治療途中の写真(口腔内写真)を撮っていますか?

矯正歯科治療は長い期間をかけて,少しづつ歯を動かして,きれいな歯並びを創る治療です.

しかも,歯が動き,歯を支える骨(歯槽骨)が生まれ変わるのを待たなければならないため,診療の間隔は4週間くらい空けなければなりません.

長期に渡り,少しづつ変化していく歯の動きを正確に把握するためには規格化された写真が必要です.

X線写真も重要ですが,患者さんが放射線を被爆することになるため毎回の診療で撮影するわけには行きません.

また,X線写真では歯茎の色が判らないため,歯茎に炎症が起きているかどうかもわかりません.

そこで,多くの矯正歯科医院では診療の度もしくは2〜3か月おきに,カメラでお口の写真を撮影します.

この写真を確認する事で治療の経過を把握出来るため,より精度の高い矯正歯科治療が出来るのです.



人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その4 セファロがありますか?

矯正歯科専門医院には必ずセファロがあります.
セファロが無い歯科医院で矯正歯科治療を始める事は絶対にやめましょう!

セファロとは頭部X線規格写真というもので,頭全体を撮影するX線写真です.

ここで重要なのは,頭全体を撮影するX線写真であるという事,規格化されているX線写真である事です.

なぜ頭全体のX線写真を撮影する必要があるのでしょうか?

矯正歯科は,歯並びをきれいにする歯科治療です.このきれいな歯並びを創る位置に僅かに自由度があります.
頭や顔,そして唇のバランスのとれた位置でなければ歯並びは安定しません.
その位置がどこなのか分析するために顔全体を撮影出来るセファロが必要なのです.

また,セファロとは耳の穴を利用して頭を固定して常に一定の条件でX線写真を撮影する事が出来ます.

矯正歯科治療は,治療期間が長くかかり,一回の治療で動くはの量は僅かです.

この僅かな変化を比較するために,規格化されたX線写真が必要なのです.

セファロが無い医院で矯正歯科治療を始める事は,真っ暗闇の山道を車のライトをつけずに猛スピードで走るようなものです.
いつか必ず事故が起こります.

セファロの無い医院で矯正歯科治療を開始する事はやめましょうね


人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その4 セファロがありますか?

矯正歯科専門医院には必ずセファロがあります.
セファロが無い歯科医院で矯正歯科治療を始める事は絶対にやめましょう!

セファロとは頭部X線規格写真というもので,頭全体を撮影するX線写真です.

ここで重要なのは,頭全体を撮影するX線写真であるという事,規格化されているX線写真である事です.

なぜ頭全体のX線写真を撮影する必要があるのでしょうか?

矯正歯科は,歯並びをきれいにする歯科治療です.このきれいな歯並びを創る位置に僅かに自由度があります.
頭や顔,そして唇のバランスのとれた位置でなければ歯並びは安定しません.
その位置がどこなのか分析するために顔全体を撮影出来るセファロが必要なのです.

また,セファロとは耳の穴を利用して頭を固定して常に一定の条件でX線写真を撮影する事が出来ます.

矯正歯科治療は,治療期間が長くかかり,一回の治療で動くはの量は僅かです.

この僅かな変化を比較するために,規格化されたX線写真が必要なのです.

セファロが無い医院で矯正歯科治療を始める事は,真っ暗闇の山道を車のライトをつけずに猛スピードで走るようなものです.
いつか必ず事故が起こります.

セファロの無い医院で矯正歯科治療を開始する事はやめましょうね


人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その3 症例経験数の落とし穴

矯正歯科医の技術量の目安には症例経験数が重要です.

例え医院に尋ね正確な数を教えてくれたとしても,その経験数の意味を理解する必要があります.

例え症例数が多くても,矯正歯科をはじめて5年以下の場合も気をつけた方が良いでしょう.

なぜなら矯正歯科治療は,治療終了後も歯並びがきれいでかみ合わせも安定している事で完成する歯科治療です.

5年以下では,自分で行なった治療の成果がまだ現れません.
したがって,自分の治療が正しかったかどうかが判らないのです.

もしかすると,間違った治療方針だったとしても気づかずに,失敗矯正症例が量産されているのかもしれません.

また,矯正歯科専門医院で経験した症例数とむし歯や歯周病を治す歯科医院で経験した矯正歯科症例数では,例え同じ数の症例を経験したとしていても内容は異なります.

矯正歯科専門医院では,一般歯科医院で治す事の出来ない難しい症例の患者さんがいらっしゃいます.
ですから,より難しい症例をたくさん経験しているのです.



人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その2 矯正歯科治療経験数の調べ方

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その1 で,矯正歯科担当医師の技術量は症例経験数が重要だとお話しました.

では,この症例数はどうやって調べれば良いのでしょうか?

1番良いのは,矯正歯科を始めようと思う医院に電話をかけた時に受付の人に聞いてみましょう.
全部でなん症例という事はわからないまでも,年間や月間でどのくらいの患者さんがいるかや,何年くらい前から矯正歯科治療をしているかを教えてもらう事は可能でしょう.

年間で10〜20人くらいしか矯正歯科治療を始める患者さんのいない歯科医院は,経験数も非常に少ない可能性がありますのであまりお勧め出来ません.

その他には,ホームページやメールで調べるという方法があります.

最近では多くの歯科医院がホームページを解説しています.しかも,そのホームページの内容は年々充実する傾向にあります.

医院によっては,ホームページに症例数を出していますよね.
その症例数を参考にすると良いでしょう.

また,ホームページを持っている歯科医院は,メールアドレスも表示しているはずです.

ホームページに症例数が出ていなければ,メールで症例数に関する質問をしてみましょう.
多くの医院では教えてくれるでしょう.
そこで,教えてくれなければ何かわけがあったり,対応が悪い医院である可能性も高いです.

症例数以前に,あまり良くない医院かもしれないので,その医院での治療開始は考え直した方がいいかもしれませんね



人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その2 矯正歯科治療経験数の調べ方

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その1 で,矯正歯科担当医師の技術量は症例経験数が重要だとお話しました.

では,この症例数はどうやって調べれば良いのでしょうか?

1番良いのは,矯正歯科を始めようと思う医院に電話をかけた時に受付の人に聞いてみましょう.
全部でなん症例という事はわからないまでも,年間や月間でどのくらいの患者さんがいるかや,何年くらい前から矯正歯科治療をしているかを教えてもらう事は可能でしょう.

年間で10〜20人くらいしか矯正歯科治療を始める患者さんのいない歯科医院は,経験数も非常に少ない可能性がありますのであまりお勧め出来ません.

その他には,ホームページやメールで調べるという方法があります.

最近では多くの歯科医院がホームページを解説しています.しかも,そのホームページの内容は年々充実する傾向にあります.

医院によっては,ホームページに症例数を出していますよね.
その症例数を参考にすると良いでしょう.

また,ホームページを持っている歯科医院は,メールアドレスも表示しているはずです.

ホームページに症例数が出ていなければ,メールで症例数に関する質問をしてみましょう.
多くの医院では教えてくれるでしょう.
そこで,教えてくれなければ何かわけがあったり,対応が悪い医院である可能性も高いです.

症例数以前に,あまり良くない医院かもしれないので,その医院での治療開始は考え直した方がいいかもしれませんね



人気blogランキングへ投票お願いします!

安心出来る矯正歯科医院の選び方 その1 矯正歯科医の症例経験数

矯正歯科治療は,その治療を行なう歯科医師の技術や考え方によって,治療期間や治療に対する患者さんの負担が天と地ほどの差が生まれてしまいます.

では,患者さんがその矯正歯科担当医師の技術量を判断する材料は何でしょうか?
患者さんには,専門的な知識がないので,中々わかりませんよね

漫画「ブラックジャックによろしく」でおなじみの心臓外科医:南淵明宏先生もおっしゃっていましたが,医師の技術料を判断する重要視して頂きたいのは症例数です.

人間の体とは,小さな宇宙,ブラックボックスです.

症例を経験すればするほど,ある程度パターン化されてくるのですが全く同じ反応をする症例はありません.

ですから,多くの症例を経験していることが非常に大切なんですね.




人気blogランキングへ投票お願いします!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。